Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/koitora/www/japan/wp-content/plugins/qtranslate-x/qtranslate_frontend.php on line 497

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/koitora/www/japan/wp-content/plugins/qtranslate-x/qtranslate_frontend.php:497) in /home/koitora/www/japan/wp-includes/feed-rss2-comments.php on line 8
Travel Life in Japan へのコメント http://travellife-tora.com/japan 世界40ヶ国以上を旅して気付いた日本の素晴らしさを紹介します。 Fri, 25 Nov 2016 08:11:19 +0000 hourly 1 https://wordpress.org/?v=5.2.3 出雲:国譲り神話 – Travel Life in Japan より 淡路島:国生み神話 へのコメント http://travellife-tora.com/japan/awaji/#comment-34 Thu, 21 Jul 2016 01:12:55 +0000 http://travellife-tora.com/japan/?p=102#comment-34 […] ヤマタノオロチ、因幡の白兎、国造り、国譲り…、出雲を舞台にした神話は数多くあり、出雲は日本神話のふるさととも言える地です。そして、出雲を拠点に地上世界の国造りを行った大国主大神(オオクニヌシノオオカミ)が祀られているのが出雲大社です。 以前ご紹介したように、伊勢神宮は淡路島にある伊弉諾神宮の真東に位置していますが、出雲大社は伊弉諾神宮から見ると夏至に太陽が沈む北西に位置しています。日本神話ゆかりの古い神社が太陽の指し示す位置に建てられている…、何とも不思議な話です。出雲神話の世界をご紹介しましょう。 […]

]]>
伊勢:アマテラス神話 – Travel Life in Japan より 淡路島:国生み神話 へのコメント http://travellife-tora.com/japan/awaji/#comment-33 Wed, 20 Jul 2016 02:25:03 +0000 http://travellife-tora.com/japan/?p=102#comment-33 […] 「お伊勢さん」として親しまれている伊勢神宮は、日本全国の神社の総親神として本宗と仰がれる神社で、内宮(皇大神宮)と外宮(豊受大神宮)の2つの正宮からなります。内宮には日本民族の総氏神であり太陽を神格化した天照大御神(アマテラスオオミカミ)が、一方の外宮には食物や産業を司る豊受大神(トヨウケノオオカミ)が祀られています。 江戸時代には「一生に一度はお伊勢参り」と言われました。自由に旅行ができない時代、お伊勢参りを通して日本人は旅を経験したのです。伊勢神宮は神聖な場所であると同時に魅力的な観光名所でもありました。 面白いことに、伊勢神宮は伊弉諾神宮の真東に位置しています。伊弉諾神宮はアマテラスの父にあたるイザナギ神を祀った神社。そこから太陽の昇る東の方角に、太陽神アマテラスを祀る伊勢神宮がある訳です。これは偶然でしょうか?日本神話の世界と共に、伊勢神宮を紹介しましょう。 […]

]]>
北海道車中泊&キャンプ&民宿旅(ペット連れ) – Free Street Journal より 野付、根室 へのコメント http://travellife-tora.com/japan/notsuke/#comment-32 Mon, 18 Jul 2016 10:55:37 +0000 http://travellife-tora.com/japan/?p=884#comment-32 […] 野付 根室 中標津 […]

]]>
北海道車中泊&キャンプ&民宿旅(ペット連れ) – Free Street Journal より 礼文島 へのコメント http://travellife-tora.com/japan/rebun/#comment-31 Mon, 18 Jul 2016 10:55:20 +0000 http://travellife-tora.com/japan/?p=25#comment-31 […] 礼文島 利尻島 […]

]]>
北海道車中泊&キャンプ&民宿旅(ペット連れ) – Free Street Journal より 大雪山国立公園:旭岳、層雲峡 へのコメント http://travellife-tora.com/japan/daisetsu/#comment-30 Thu, 16 Jun 2016 01:42:53 +0000 http://travellife-tora.com/japan/?p=1045#comment-30 […] 層雲峡 大雪山旭岳 美瑛 白金 富良野 […]

]]>
北海道車中泊&キャンプ&民宿旅(ペット連れ) – Free Street Journal より 網走、裏摩周 へのコメント http://travellife-tora.com/japan/abashiri/#comment-29 Thu, 16 Jun 2016 01:42:33 +0000 http://travellife-tora.com/japan/?p=836#comment-29 […] 網走 […]

]]>
北海道車中泊&キャンプ&民宿旅(ペット連れ) – Free Street Journal より 道北:オロロンライン/宗谷/オホーツクライン へのコメント http://travellife-tora.com/japan/dohoku/#comment-28 Thu, 16 Jun 2016 01:42:15 +0000 http://travellife-tora.com/japan/?p=517#comment-28 […] オロロン ライン […]

]]>
淡路島のサルはすごい! – Free Street Journal より 淡路島:国生み神話 へのコメント http://travellife-tora.com/japan/awaji/#comment-20 Sun, 13 Mar 2016 07:21:09 +0000 http://travellife-tora.com/japan/?p=102#comment-20 […] 淡路島の友人に誘って頂き、先日モンキーセンターへ行ってきました。淡路島の南部にあり、近くには日本三大水仙群生地の1つ「灘黒岩水仙峡」があったり、淡路島のすぐそばに浮かぶ「沼島」(古事記の国生み神話に登場するオノゴロ島とも言われる島)への港があるため、私も移住後何度かこのエリアに足を運びましたが、モンキーセンターを訪れるのは初めてです。野生のサルが餌付けされていて、すぐそばでサルたちを観察できます(触るのは禁止)。ここでは人間は部外者ですから、餌をあげる時には「ほ乳動物 人間」と書いた檻の中に入りましょう。   […]

]]>
高千穂:天孫降臨神話 – Travel Life in Japan より 伊勢:アマテラス神話 へのコメント http://travellife-tora.com/japan/ise/#comment-19 Wed, 24 Feb 2016 04:02:02 +0000 http://travellife-tora.com/japan/?p=269#comment-19 […] 天岩戸神社 天岩戸神社はアマテラス神が隠れた天岩戸をご神体とする神社です。本殿はなく、川を隔てた崖にある窟を拝する形になります。近くには、八百万の神がアマテラス神を天岩戸から出す方法を相談したと言われる天安河原もあります。天岩戸隠れは天界で起きた出来事ですが、高千穂では神話の世界と現実が交錯しています。 […]

]]>
高千穂:天孫降臨神話 – Travel Life in Japan より 出雲:国譲り神話 へのコメント http://travellife-tora.com/japan/izumo/#comment-18 Wed, 24 Feb 2016 03:47:56 +0000 http://travellife-tora.com/japan/?p=461#comment-18 […] 出雲での国譲りにより、地上世界(葦原中国)は天界(高天原)のアマテラス神に統治されることになりました。アマテラス神は孫のニニギ神に降臨の命を下します。ニニギ神が天界と地上の分かれ道まできた時、サルタヒコ神が現れて道案内を買って出ました。ニニギ神はサルタヒコ神を共に加え、他の神々と共に「筑紫の日向の高千穂のくじふるだけ」に降臨しました。そして、ニニギ神はアマテラス神から預かった稲を地上にもたらしたと言われています。 ある日のこと、ニニギ神は笠沙の岬で美しい乙女に出会いました。名はコノハナノサクヤビメ。ニニギ神は乙女の父親オオヤマツミ神に使いを出し、結婚を申し込みました。父神は大いに喜び、コノハナノサクヤビメの姉、イワナガヒメまで差し出しました。ところが、姉のイワナガヒメは大変醜かったので送り返し、ニニギ神はコノハナノサクヤビメとだけ一夜の契りを交わしました。父のオオヤマツミ神は深く悲しみます。二人の娘を差し出したのには理由がありました。姉のイワナガヒメは石のように永遠なる繁栄を、妹のコノハナノサクヤビメは花のような繁栄を意味していたのです。姉を送り返してしまったニニギ神とその子孫の寿命は花のように限りあるものとなりました。 コノハナノサクヤビメは妊娠しました。しかし、たった一夜で身ごもったためにニニギ神は自分の子かどうか疑ってしまいます。コノハナノサクヤビメは「天孫の子供ならば無事に生まれるはずだ」と言って産屋に火をかけて出産にのぞみ、燃えさかる炎の中、無事3人の子供(ホデリ神、ホスセリ神、ホオリ神)を生みました。後に、ホオリ神は神武天皇の祖父となります。 […]

]]>